ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) オンライン診療料 問3 

疑義解釈(その1) オンライン診療料 問3 

  • by

問3 区分番号「A003」オンライン診療料について、「日常的に通院又は訪問による対面診療が可能な患者」とあるが、現に通院又は訪問を行っている患者であれば、通院又は訪問に一定の時間を要する場合であっても対象としてよいか。


(答)その場合も対象としてよいが、当該要件における「日常的に通院又は訪問による対面診療が可能な患者」とは、目安としては、概ね30分以内に通院又は訪問が可能な患者を想定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です