ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 重症度,医療・看護必要度 問6 

疑義解釈(その1) 重症度,医療・看護必要度 問6 

  • by

問6 一般病棟用の重症度、医療・看護必要度に係る基準を満たす患者の割合について、令和2年9月30日又は令和3年3月31日までの経過措置が設けられている入院料については、令和2年度診療報酬改定後の評価票を用いた評価をいつから行う必要があるか。


(答)経過措置が令和2年9月30日までの入院料は少なくとも令和2年7月1日から、経過措置が令和3年3月31日までの入院料は少なくとも令和3年1月1日から、令和2年度診療報酬改定後の評価票を用いた評価を行う必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です