ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 重症度,医療・看護必要度 問8 

疑義解釈(その1) 重症度,医療・看護必要度 問8 

  • by

問8 一般病棟用の重症度、医療・看護必要度のA項目(専門的な治療・処置のうち薬剤を使用するものに限る。)及びC項目について、必要度Ⅰにおいても、レセプト電算処理システム用コードを用いた評価となったが、必要度Ⅱと同様に評価してよいか。


(答)よい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です