ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 夜間看護体制加算,看護職員夜間配置加算 問11 

疑義解釈(その1) 夜間看護体制加算,看護職員夜間配置加算 問11 

  • by

問11 夜間看護体制加算(区分番号「A106」障害者施設等入院基本料の注10、「A207-3」急性期看護補助体制加算の注3、「A214」看護補助加算の注3)、「A207-4」看護職員夜間配置加算、看護職員夜間配置加算(「A311」精神科救急入院料の注5、「A311-3」精神科救急・合併症入院料の注5)の施設基準における「夜間における看護業務の負担軽減に資する業務管理等に関する項目」のうち、「夜勤後の暦日の休日が確保されていること」について、例えば、4月1日の18時から24時を越えて夜勤を行った場合には、4月3日に暦日の休日を確保するということか。


(答)そのとおり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です