ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 夜間看護体制加算,看護職員夜間配置加算 問12 

疑義解釈(その1) 夜間看護体制加算,看護職員夜間配置加算 問12 

  • by

問12 「夜間における看護業務の負担軽減に資する業務管理等に関する項目」のうち、「夜勤時間帯の患者のニーズに対応できるよう、早出や遅出等の柔軟な勤務体制の工夫がなされていること」について、どのような勤務体制がとられていれば要件を満たすか。


(答)深夜や早朝における患者の状態等に対応する業務量を把握した上で、早出や遅出等を組み合わせた勤務体制をとること。なお、勤務者の希望を加味した上で、1か月の間に10日以上、早出や遅出等の活用実績があることが望ましい。また、早出及び遅出の勤務時間には、各保険医療機関が定めた夜勤時間帯(午後10時から午前5時までの時間を含めた連続する16時間)のうち少なくとも2時間を含むこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です