ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 回復期リハビリテーション病棟入院料 問57 

疑義解釈(その1) 回復期リハビリテーション病棟入院料 問57 

  • by

問57 区分番号「A308」回復期リハビリテーション病棟入院料について、「回復期リハビリテーション病棟入院料を算定するに当たっては、当該入院料を算定する患者に対し、入棟後2週間以内に入棟時のFIM運動項目の得点について、その合計及び項目別内訳を記載したリハビリテーション実施計画書を作成し、説明すること。なお、患者の求めがあった場合には、作成したリハビリテーション実施計画書を交付すること。」とあるが、回復期リハビリテーション病棟入棟時のリハビリテーション実施計画書は疾患別リハビリテーションで求められるリハビリテーション実施計画書とは異なるものか。


(答)同様の内容で差し支えない。なお、その際、ADLの項目として、FIMを記載すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です