ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 精神科救急入院料,精神科急性期治療病棟入院料,精神科救急・合併症入院料 問63 

疑義解釈(その1) 精神科救急入院料,精神科急性期治療病棟入院料,精神科救急・合併症入院料 問63 

  • by

問63 区分番号「A311」精神科救急入院料、区分番号「A311-2」精神科急性期治療病棟入院料又は区分番号「A311-3」精神科救急・合併症入院料におけるクロザピンの新規導入を目的とした転棟患者に対するクロザピンの投与後に投与を中止した場合について、「クロザピン投与による無顆粒球症又は好中球減少症」とあるが、具体的にはどのような場合か。


(答)「クロザピンの使用あたっての留意事項について」(平成21年4月22日薬食審査発第0422001号)において、流通管理の基本として規定されている「クロザリル患者モニタリングサービス運用手順」における「投与を中止する基準」が該当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です