ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 夜間休日救急搬送医学管理料(救急搬送看護体制加算) 問74 

疑義解釈(その1) 夜間休日救急搬送医学管理料(救急搬送看護体制加算) 問74 

  • by

問74 区分番号「B001-2-6」夜間休日救急搬送医学管理料の注3の救急搬送看護体制加算1について、対応が必要な救急患者が1名しかおらず、専任の看護師複数名による対応が必要でない場合にも、複数名の看護師により対応する必要があるか。


(答)看護師複数名による対応が必要である場合にすぐに対応可能な体制がとられていればよく、複数名による対応が不要な場合には他の業務に従事していても差し支えない。なお、複数名による対応の必要性の有無については、救急患者の人数や状態等に応じ、必要な看護が提供できるよう、各医療機関において適切に判断いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です