ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 夜間休日救急搬送医学管理料(救急搬送看護体制加算) 問75 

疑義解釈(その1) 夜間休日救急搬送医学管理料(救急搬送看護体制加算) 問75 

  • by

問75 区分番号「B001-2-6」夜間休日救急搬送医学管理料の注3の救急搬送看護体制加算1及び2について、病棟において夜間の看護配置の必要数を超えて配置されている看護師や、外来業務を行っている看護師が、当番制により夜間・休日の救急患者の受入に対応している場合は、当該看護師全員を専任として届け出ていれば当該加算の算定が可能か。


(答)専任の看護師であれば算定可能であるので、届出時点の専任の看護師を全て記載し、届出を行うこと(ただし、当該施設基準を満たさなくなった場合又は届出区分が変更となった場合でなければ、届出時点の看護師から変更があった場合であっても変更の届出は不要である。)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です