ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) リハビリテーション通則 問122 

疑義解釈(その1) リハビリテーション通則 問122 

  • by

問122 留意事項通知において、実施計画書の作成は、現時点では、開始時とその後3か月に1回以上の実施となっているが、例えば、1月1日に疾患別リハビリテーションを開始した場合、4月1日までの作成となるのか、1月、2月、3月の3か月で、3月中に作成となるのか。


(答)暦月で、3ヶ月に1回以上の作成及び説明等が必要であるため、当該事例においては、4月末日までに作成する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です