ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 精神科訪問看護・指導料 問144 

疑義解釈(その1) 精神科訪問看護・指導料 問144 

  • by

問144 区分番号「I012」精神科訪問看護・指導料(Ⅰ)及び(Ⅲ)におけるGAF尺度による判定について、月の初日の訪問看護・指導が家族に対するものであり、患者本人には月の2回目以降に訪問看護・指導を行った場合には、いつの時点でGAF尺度による判定を行えばよいか。


(答)当該月において、患者本人に訪問看護・指導を行った初日に判定することで差し支えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です