ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その1) 白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給 問181 

疑義解釈(その1) 白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給 問181 

  • by

問181 「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」について、関係学会から示されている指針に基づき適切に実施するとあるが、「関係学会等から示されている指針」とは何を指すのか。


(答)日本眼科学会の「多焦点眼内レンズに係る選定療養に関する指針」を指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です