ホーム » 疑義解釈 » 歯科 » 疑義解釈(その1) 象牙質レジンコーティング 問18 

疑義解釈(その1) 象牙質レジンコーティング 問18 

  • by

問18 区分番号「I001-2」に掲げる象牙質レジンコーティングの留意事項に「歯科用シーリング・コーティング材を用いてコーティング処置を行った場合に、1歯につき1回に限り算定する。」とあるが、具体的にどのようなものが該当するのか。


(答)医療機器の一般的名称が「歯科用シーリング・コーティング材」であって、添付文書(又は取扱説明書)の使用目的上、象牙細管の封鎖が可能であることが記載されているものが該当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です