ホーム » 疑義解釈 » 歯科 » 疑義解釈(その1) 象牙質レジンコーティング 問19 

疑義解釈(その1) 象牙質レジンコーティング 問19 

  • by

問19 区分番号「I001-2」に掲げる象牙質レジンコーティングについて、補綴物に対する歯冠形成から装着までの治療期間中に区分番号I002に掲げる知覚過敏処置を行い、後日同一歯に対して、当該期間中に象牙質レジンコーティングを行った場合、算定できるか。


(答)算定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です