ホーム » 疑義解釈 » 調剤 » 疑義解釈(その1) 調剤基本料 問1 

疑義解釈(その1) 調剤基本料 問1 

  • by

問1 注1のただし書きの施設基準(医療を提供しているが、医療資源の少ない地域に所在する保険薬局)及び注2の施設基準(保険医療機関と不動産取引等その他特別な関係を有している保険薬局)のいずれにも該当する場合、調剤基本料1と特別調剤基本料のどちらを算定するのか。


(答)、必要な届出を行えば、注1のただし書きに基づき調剤基本料1を算定することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です