ホーム » 疑義解釈 » 調剤 » 疑義解釈(その1) 特定薬剤管理指導加算2 問12 

疑義解釈(その1) 特定薬剤管理指導加算2 問12 

  • by

問12 電話等により患者の副作用等の有無の確認等を行い、その結果を保険医療機関に文書により提供することが求められているが、算定はどの時点から行うことができるのか。


(答)保険医療機関に対して情報提供を行い、その後に患者が処方箋を持参した時である。
この場合において、当該処方箋は、当該加算に関連する薬剤を処方した保険医療機関である必要はない。なお、この考え方は、調剤後薬剤管理指導加算においても同様である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です