ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その5) 白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給 問13 

疑義解釈(その5) 白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給 問13 

  • by

問13 「白内障に罹患している患者に対する水晶体再建に使用する眼鏡装用率の軽減効果を有する多焦点眼内レンズの支給」の対象となる多焦点眼内レンズのうち、眼鏡装用率又は眼鏡依存度の軽減効果についての薬事承認がないものであって、令和2年3月31日までに先進医療において眼鏡装用率の軽減効果を有すると評価されたものとは、具体的にどのようなものが該当するのか。


(答)以下の多焦点眼内レンズ(販売名)が該当する。
・アルコン アクリソフIQ レストア +2.5D シングルピース
・アルコン アクリソフIQ レストア +2.5D トーリック シングルピース
・エイエフ-1 アイシー
・テクニス マルチフォーカル アクリル
・テクニス マルチフォーカル ワンピース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です