ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その9) 膵嚢胞胃(腸)バイパス術 問5 

疑義解釈(その9) 膵嚢胞胃(腸)バイパス術 問5 

  • by

問5 区分番号「K705」膵嚢胞胃(腸)バイパス術 1内視鏡によるものは、具体的にどのような場合に算定するのか。


(答)膵臓用瘻孔形成補綴材留置システムを用いて内視鏡により処置した場合に算定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です