ホーム » 疑義解釈 » 歯科 » 疑義解釈(その9) 新製有床義歯管理料 問5 

疑義解釈(その9) 新製有床義歯管理料 問5 

  • by

問5 区分番号「B013」に掲げる新製有床義歯管理料の「2 困難な場合」について、新義歯の対顎に総義歯又は9歯以上の局部義歯が装着されている場合、新たに義歯を装着する義歯の歯数に関わらず算定できるか。


(答)9歯未満の局部義歯を新製する場合には算定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です