ホーム » 疑義解釈 » 歯科 » 疑義解釈(その9) 歯周病検査 問6 

疑義解釈(その9) 歯周病検査 問6 

  • by

問6 区分番号「D002」に掲げる「歯周病検査」の留意事項通知(9)に、「やむを得ず患者の状態等により歯周ポケット測定等が困難な場合は、歯肉の発赤・腫脹の状態及び歯石の沈着の有無等により歯周組織の状態の評価を行い、歯周基本治療を開始して差し支えない。」と示されているが、歯周ポケットの値を測定せずに区分番号「I011-2」に掲げる歯周病安定期治療(Ⅰ)や区分番号「I011-2-3」に掲げる歯周病重症化予防治療は算定できるか。


(答)算定できない。それぞれの治療を開始するにあたり歯周病検査は必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です