ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その10) 問2 

疑義解釈(その10) 問2 

  • by

問2 新型コロナウイルス感染症に対する厚生労働科学研究費補助金等による研究班において、臨床研究・観察研究で使用されているアビガン錠(成分名:ファビピラビル)は、保険診療との併用が可能か。


(答)当該使用は、治療薬の無い感染症への有効性等を検証する治験に係る診療と類似していること、別途実施しているファビピラビルの企業治験に参加している患者との公平性に配慮する必要があることから、緊急かつ特例的な取扱いとして、保険診療との併用が認められるものとして運用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です