ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その29) コンピューター断層撮影診断料 問3 

疑義解釈(その29) コンピューター断層撮影診断料 問3 

  • by

問3 コンピューター断層撮影診断料通則4における「新生児頭部外傷撮影加算、乳幼児頭部外傷撮影加算又は幼児頭部外傷撮影加算」は、新生児、3歳未満の乳幼児(新生児を除く。)又は3歳以上6歳未満の幼児の頭部外傷に対してコンピューター断層撮影を行った場合に算定するが、その「コンピューター断層撮影」とは具体的には何を指すのか。


(答)区分番号「E200」コンピューター断層撮影(CT撮影)(一連につき)を指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です