ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その29) 同種クリオプレシピテート作製術 問6 

疑義解釈(その29) 同種クリオプレシピテート作製術 問6 

  • by

問6 区分番号「K924-3」同種クリオプレシピテート作製術について、同種クリオプレシピテート製剤を複数投与した場合はどのように算定するのか。また、作製に使用した血液製剤はどのように算定するのか。


(答)同種クリオプレシピテート製剤を複数投与した場合は、投与したクリオプレシピテート製剤1バッグにつき所定点数を1回算定する。その際、当該製剤を作製するのに使用した血液製剤は別に算定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です