ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その47) インフルエンザウイルス抗原定性 問2 

疑義解釈(その47) インフルエンザウイルス抗原定性 問2 

  • by

問2 「鼻咽頭ぬぐい液又は鼻腔ぬぐい液中のA型インフルエンザウイルス抗原及びB型インフルエンザウイルス抗原の検出」を使用目的として令和2年12月22日付けで薬事承認された「ルミパルスプレストFlu-A&B」(富士レビオ株式会社)はいつから保険適用となるのか。


(答)令和2年12月22日より保険適用となる。なお、当該検査を実施する場合は、区分番号「D012」感染症免疫学的検査の「22」インフルエンザウイルス抗原定性を算定すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です