ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その60) SARS-CoV-2・インフルエンザ核酸同時検出 問2 

疑義解釈(その60) SARS-CoV-2・インフルエンザ核酸同時検出 問2 

  • by

問2 令和2年11月11日付けで保険適用されたSARS-CoV-2・インフルエンザ核酸同時検出を実施する際に用いるものとして、「SARS-CoV-2及びインフルエンザウイルスの核酸検出を目的として薬事承認又は認証を得ている体外診断用医薬品」とあるが、令和3年3月12日付けで薬事承認された「コバス Liat SARS-CoV-2 & Flu A/B」(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社)はいつから保険適用となるのか。


(答)令和3年3月12日より保険適用となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です