ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その62) 夜間看護体制加算 問1 

疑義解釈(その62) 夜間看護体制加算 問1 

  • by

問1 夜間看護体制加算(区分番号「A106」障害者施設等入院基本料の注10)を看護補助加算(「A106」障害者施設等入院基本料の注9)と、夜間看護体制加算(「A207-3」急性期看護補助体制加算の注3)を夜間急性期看護補助体制加算(「A207-3」急性期看護補助体制加算の注2)と、夜間看護体制加算(「A214」看護補助加算の注3)を「A214」看護補助加算と、それぞれ同時に届け出ることは可能か。


(答)可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です