K142-7 腰椎分離部修復術
腰椎分離症に対して、椎間の可動域を温存しながら修復術を行った場合に算定する。


関連リンク