ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その15) SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)核酸検出 問4 

疑義解釈(その15) SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)核酸検出 問4 

  • by

問4 令和2年6月2日付けで改正された、「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」(令和2年3月5日保医発0305第1号)区分番号D023(17)SARS-CoV-2核酸検出について、「検査に用いる検体については、国立感染症研究所が作成した「2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル」を参照すること。」とあるが、これはこれまで保険適用となっていた検体に加え、唾液からの検体を用いてSARS-CoV-2核酸検出を実施した場合も保険適用となったということか。


(答)これまで保険適用となっていた喀痰、気道吸引液、肺胞洗浄液、咽頭拭い液、鼻腔吸引液、及び鼻腔拭い液に加え、唾液からの検体を用いて実施した場合も保険適用となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です