ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その23) 小児科外来診療料・小児かかりつけ診療料 問3 

疑義解釈(その23) 小児科外来診療料・小児かかりつけ診療料 問3 

  • by

問3 区分番号「B001-2」小児科外来診療料について、同一患者に対して同一月内に院内処方を行わない日と行う日が混在する場合については、どのような算定となるか。


(答)院内処方を行わない日は「1 処方箋を交付する場合」の所定点数を、院内処方を行う日は「2 1以外の場合」の所定点数を、それぞれ算定する。ただし、同一月において、院外処方箋を交付した日がある場合は、従前のとおり、留意事項通知(5)の取扱いとなる。
なお、区分番号「B001-2-11」小児かかりつけ診療料についても、同様の取扱いとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です