ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その44) リハビリテーション通則 問4 

疑義解釈(その44) リハビリテーション通則 問4 

  • by

問4 「疾患別リハビリテーション」の実施に当たっては、「医師は定期的な機能検査等をもとに、その効果判定を行い、「別紙様式21」を参考にしたリハビリテーション実施計画書をリハビリテーション開始後原則として7日以内、遅くとも14日以内に作成する必要がある。」とされるが、初回のリハビリテーション開始後7日以内、遅くとも14日以内に区分番号「H003-2」リハビリテーション総合計画評価料に係るリハビリテーション総合実施計画書を作成した場合は、リハビリテーション実施計画書の作成は不要か。


(答)不要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です