ホーム » 疑義解釈 » 医科 » 疑義解釈(その57) Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型 問1 

疑義解釈(その57) Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型 問1 

  • by

問1 「医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて」(令和3年2月22日付け保医発0222第1号)別添において、「原則として、「アザチオプリン【内服薬】」を「視神経脊髄炎」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める。」とあるが、視神経脊髄炎の患者であって、チオプリン製剤の投与対象となる患者に対して、その投与の可否、投与量等を判断することを目的として、リアルタイムPCR法によりNudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型の測定を行った場合、区分番号「D006-17」Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型は算定できるか。


(答)算定できる。ただし、当該薬剤の投与を開始するまでの間に1回を限度とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です