ホーム » 留意事項通知 » 別添1 医科診療報酬点数表に関する事項 » [留意]第2章 特掲診療料 » [留意]第10部 手術 » [留意]第1節 手術料 » [留意]第8款 心・脈管 » [留意]K598 両心室ペースメーカー移植術

[留意]K598 両心室ペースメーカー移植術

K598 両心室ペースメーカー移植術
(1) 両心室ペースメーカー移植術は、左右の心室を電気的に刺激することにより、重症心不全患者の心臓リズムを補正すると同時に、左右の心室間伝導障害を軽減し、血行動態を改善することを目的に実施されるものであり、十分な薬物治療にもかかわらず改善のみられないQRS幅120ms以上及び左室駆出率35%以下の重症心不全に対して、症状の改善を目的に行われた場合に算定する。
(2) 「1」については、循環器内科又は小児循環器内科の医師と心臓血管外科の医師が参加する、重症心不全患者又は不整脈患者の治療方針を決定するカンファレンスにより、本治療の適応判断を行うこと。
(3) 両心室ペースメーカー移植術を行った患者については、診療報酬請求に当たって、診療報酬明細書に症状詳記を添付する。なお、「1」を算定する場合は、(2)に規定するカンファレンスの概要も併せて添付すること。


関連リンク