ホーム » 施設基準通知 » 特掲診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて » [通知]別添1 特掲診療料の施設基準等 » [通知]第76の2 同種死体膵島移植術

[通知]第76の2 同種死体膵島移植術

第76の2 同種死体膵島移植術
1 同種死体膵島移植術に関する施設基準
(1) 当該保険医療機関において、同種死体膵移植術、同種死体膵腎移植術又は同種死体膵島移植術を合わせて3年間に5例以上実施していること。ただし、令和4年3月31日までの間は、過去5年間に2例以上の実績がある場合、当該基準を満たしているものとみなす。
(2) 当該手術を担当する診療科の常勤医師数が2名以上配置されており、このうち1名以上は3例以上の同種死体膵島移植術の経験を有していること。
(3) 糖尿病の治療に関し、専門の知識及び5年以上の経験を有する常勤の医師が2名以上配置されており、このうち1名以上は膵臓移植又は膵島移植患者の診療の経験を有していること。
(4) 同種死体膵島移植術を行うに当たり医療関係団体より認定された施設であること。
) 日本組織移植学会が作成した「ヒト組織を利用する医療行為の安全性確保・保存・使用に関するガイドライン」等関連学会から示されている基準等を遵守している旨を届け出ていること。
) 同種死体膵島移植術の実施に当たり、再生医療等の安全性の確保等に関する法律第3条に規定する再生医療等提供基準を遵守していること。
2 届出に関する事項
(1) 同種死体膵島移植術の施設基準に係る届出は、別添2の様式52及び様式57の2を用いること。
(2) 医療関係団体関連学会より認定された施設であることを証する文書の写しを添付すること。
(3) 再生医療等の安全性の確保等に関する法律第3条に規定する再生医療等提供基準を遵守していることを証する文書として、地方厚生(支)局で受理された再生医療等提供計画の写しを添付すること。


関連リンク